最先端の歯科医療設備

最先端の歯科医療設備

歯科タナカでは、最新設備を導入。
より精度の高い診断・治療を行う事が出来ます。

最先端の医療設備

歯科タナカでは最新の医療設備を導入して診断を行っております。

歯科用CT

歯科用CT

歯科用CTを全院導入しております。

従来のレントゲン撮影では2次元の平面画像しか得られませんでしたが、CTを用いると、3次元の立体画像を取得でき、2次元ではわからなかった情報を精度高く把握することができ、より適切な診断・治療が可能になりました。

CTスキャンで把握できる情報

  • ・歯や顎の骨などの詳細な立体構造
  • ・神経の位置
  • ・親知らずの位置
  • ・瘍の有無や大小
  • ・周囲の歯や骨に虫歯・歯周病・根尖病巣といった問題がないか

CAD/CAM(コンピュータ・システムによるシュミレーションと設計)

CAD/CAM(コンピュータ・システムによるシュミレーションと設計)

歯科タナカでは、より正確に・より緻密な治療をご提供するために、3次元画像での解析・設計を行っております。

計測機器やソフトは、3shape・cercon・KaVo ARCTICA system などを導入。歯や骨の状態を確認するだけでなく、インプラント埋入などの外科手術の診断にも使用します。

インプラント製造の際は「シムプラント」といわれるコンピューターシュミレーションソフトを用います。これを用いるとCT画像上に実際のインプラントを重ねて、角度など細かい設計を立てることが出来ます。また、CT画像と歯型の模型を重ねて投影することができ、口の中にインプラントが入った状態を確認出来ます。

診査・診断・治療計画・患者様とのコミュニケーションに役立つソリューション「ノーベルクリニシャン」も導入しております。

ユニット

ユニットはドイツKavo社製のものを使用しております。

注水される水やゆすぐ水などは、感染予防に過酸化水素を含ませているため、衛生的に治療を受けることが出来ます。ライトは手術の際に明るく影なく照らします。

ユニット

ホワイトニング用光照射器

医療機器分類クラスⅡの薬事認可を取得したホワイトニング装置を使用しております。

ホワイトニング用光照射器

マイクロスコープ

2018年7月、マイクロスコープを全院導入。最新の機器を使用し、分析資料を収集しています。

最新の機器を使用し分析資料を収集

拡大鏡

歯を拡大して見るルーペです。

拡大鏡

WAVE ONE

WAVE ONE

根の治療に使用する「WAVE・ONE」という最新のニッケルチタンファイルを導入しております。

専属技工場所・院内技工所

歯科タナカでは、千葉県船橋市に専門の技工所を持っておりますので、高精度の補綴物(詰め物)を迅速に作成することができます。

また、ホワイトエッセンス渋谷では、院内に専属技工士が在籍しており、通常の歯科医院と異なり細かな微調整などその場で行うことが可能です。

専属技工場所・院内技工所

徹底的な衛生対策

当院では、紙エプロン、紙コップ、手袋、マスク、注射の針などすべてディスポーザブル製品(使い捨て)を使用し患者さま毎に廃棄しています。

オートクレーブ滅菌(高温高圧蒸気滅菌)

オートクレーブ滅菌(高温高圧蒸気滅菌)

132℃2気圧の蒸気で滅菌することにより、肝炎ウイルスはもちろん、ほとんどの微生物は死滅します。

ホルホープガス滅菌

ホルホープガス滅菌

約25~30℃の常温・常圧で、器具や器材を傷めることなく、スピーディーな殺菌処理を実現したホルマリンガス殺菌器です。オートクレーブを使用できないプラスチック類や熱に弱い素材の治療器具に使用します。

超音波洗浄・薬液滅菌

超音波洗浄・薬液滅菌

耐熱性のない器具は強力な薬液により滅菌します。治療用小器具は消毒薬の入った超音波洗浄器で汚れを取った後に滅菌しております。

プチクレープ(小型高速滅菌機)

プチクレープ(小型高速滅菌機)

患者様ごとに、歯科用ハンドピースなどの治療器具を内部まで殺菌洗浄し、院内感染の予防に努めております。

滅菌パック

滅菌パック

器具は患者さまごとに交換し、滅菌処理を施します。処理後は密封した状態で管理しており、安全で清潔な状態を保ちます。

職場体験

Entry

PAGE TOP