歯科タナカの1日の流れ

歯科医師・歯科衛生士の気になる1日の流れをご紹介します。
ぜひ歯科タナカに勤めたつもりでご覧ください!

1日の流れ 円グラフ
 

9:00 出社

1日の流れ 出社9:00ぐらいに出勤し、歯科医師は必要に応じてその日の患者様の治療の流れや症例について、院長に相談をします。
また、患者様そして勤務するスタッフが、清潔な状態で1日を過ごせるように、掃除をします。

 

9:30 朝礼

1日の流れ 朝礼1日の患者様の流れなどの情報ををみんなで共有します。
「歯科タナカフィロソフィー」という歯科タナカの信条を読み、一人一人それを意識しながら、一日の目標を立てます。

 

10:00 診療(午前)

1日の流れ 午前診療歯科タナカのモットーは「ゆったり治療」「スマイル&コミュニケーション」です。
きちんとした治療を提供するために1人30分〜1時間の治療を行います。
患者様に行う治療について理解してもらうために説明の時間もしっかりとり、患者様の要望や相談に対応できるように心がけています!

 

13:00 昼休み

1日の流れ 昼休みスタッフ・ドクター同士仲が良く、みんなで楽しく過ごしています。
昼休みを使い勉強会をすることもあり、討論をするなど、勉強熱心な方が多いです!

 

15:00 診療(午後)

1日の流れ 午後診療アニメーションを使い、患者様に治療についてわかりやすく説明することを心がけています。
治療中の患者様の待ち時間を患者様一人で待たせることがないように、歯科助手が患者様とお話をしたり、治療の説明をしたり、歯ブラシの使い方を教えたりします。

 

21:20 終礼

1日の流れ 終礼終礼ではその日手助けしてもらったり、お世話になった方に「サンキューカード」というものに感謝の気持ちを書き、相手に手渡しします
こういった試みが院内のコミュニュケーションをスムーズにしています!
歯科タナカ見学ツアー申込